梅雨にうまい魚の話


江戸前鮨の代表格のネタの一つ、穴子。

雨降りの続く6月から7月頃の穴子は「梅雨穴子」と呼ばれ、一番おいしく食べられる時期を迎えます。


穴子が生息しているのは海水と淡水の混ざり合う汽水域です。そこに梅雨の多雨による増水で豊富な栄養分を含んだ餌が流れ込んできます。上質な餌を食べてしっかりと栄養を蓄えるので、今の時期の穴子はとてもおいしいのです。


ホロホロととろける柔らかな食感と独特の風味が魅力の穴子は握りや焼き物で楽しんでください。

ツメを塗った江戸前の定番スタイルはもちろん、淡白な味わいを活かして塩と振り柚子で味わうのもまた妙です。